2007年06月17日

彦根の城ならこれ!直弼の功績振り返る 彦根で開国カンファレンス

厳選された日本歌をセットにした納得のセットです!ビクター製DVDプレーヤー&DVDカラオケソフ...
 13代彦根藩主の井伊直弼(1815−60)が開国を果たした意義について考える「開国カンファレンス彦根ステージ」(国宝・彦根城築城400年祭実行委主催)が16日、滋賀県彦根市馬場1丁目の滋賀大経済学部講堂で始まった。同市出身のジャーナリストの田原総一朗さんが講演し、研究者らが意見を交わした。

 1日目は約300人が参加するなか「世界に開かれた扉−井伊直弼の遺産−」と題して開かれた。田原さんは井伊直弼が日米修好通商条約に調印したことについて「本人も最高の策だとは思っていないが、まずは米国と組もうという現実論的な考え方は日米安保条約のルーツであり、現在の日本が持つ問題につながっている」などと指摘した。

最新彦根の城情報は・・・ひこにゃん・ぬいぐるみ(大)



 この後京都薬科大の鈴木栄樹准教授や滋賀大の阿部安成准教授、彦根市史編さん室の小林隆係長が、井伊直弼の名誉回復が彦根でどのように行われ評価されてきたかを中心に歴史や資料を紹介した。

 2日目は17日、「井伊直弼鎖国を解いた決断」をテーマに彦根城博物館(金亀町)の能舞台で開かれ、京都女子大の母利美和准教授による基調講演と研究者4人のパネルディスカッションが行われる...



ニュースの続きを読む



(引用 yahooニュース)

posted by まさぽん at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

旬なニュースをかたる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。